Curriculum Vitae


    名前
西村嘉人(NISHIMURA, Yoshito)

    所属
名古屋大学大学院 国際開発研究科 国際コミュニケーション専攻 博士課程後期課程
(現:名古屋大学大学院 人文学研究科 人文学専攻 文芸言語学コース 英語教育学分野)
日本学術振興会特別研究員-DC2

    学歴
2016年04月    名古屋大学大学院国際開発研究科    博士課程後期課程入学
2016年03月    名古屋大学大学院国際開発研究科    博士課程前期課程修了
2014年03月    東洋大学文学部英米文学科卒業

    学位
修士(学術),2016年03月取得
学士(文学),2014年03月取得 

   学位論文
    1. Nishimura, Y. (2016). A Corpus-Based Approach to the Analysis of Syntactic Complexity as a Multidimensional Construct in L2 Writing. Unpublished master's thesis, Nagoya University.
    2. Nishimura, Y. (2014). A Study of Synonyms. Unpublished BA thesis, Toyo University

    職歴
2018年04月-                        日本学術振興会特別研究員-DC2
2018年04月-                        名古屋大学大学院人文学研究科 留学生チューター
2017年04月-                        名古屋大学大学院人文学研究科 ティーチング・アシスタント
2017年04月-                        名古屋大学大学院人文学研究科 技術補佐員
2016年04月-                        愛知工科大学自動車短期大学 非常勤講師(科目:英語Ⅰ、英語Ⅱ)
2017年04月-2018年03月    皇學館大学 非常勤講師(科目:英語基礎Ⅰ、英語基礎Ⅱ)
2015年04月-2017年03月    名古屋大学大学院国際開発研究科 ティーチング・アシスタント
2014年10月-2017年03月    名古屋大学大学院国際開発研究科 技術補佐員


    所属学会
全国英語教育学会
中部地区英語教育学会
大学英語教育学会(中部支部)
外国語教育メディア学会 (中部支部)
日英・英語教育学会
日本言語テスト学会
英語コーパス学会


   学術論文(査読有り)
    1. Tamura, Y., Fukuta, J., Nishimura, Y., Harada, Y., Hara, K., & Kato, D. (accepted for publication). Japanese EFL learners' sentence processing of conceptual plurality: An analysis focusing on reciprocal verbs. Applied Psycholinguistics, ← NEW!
    2. Nishimura, Y., Kawaguchi, Y., & Abe, D. (in press). The relationship between complexity and fluency in L2 writing: An approach using network analysis. Language Education & Technology, 55← NEW!
    3. Nishimura, Y., Tamura, Y., & Fukuta, J. (2018). Network structures in L2 oral performance: A learner corpus study. ARELE: Annual Review of English Language Education in Japan, 29, 113-128. ← NEW!
    4. Nishimura, Y. (2018). Reconsidering construct measurement: Complexity, accuracy, and fluency as latent variables. Journal of the Chubu English Language Education Society, 47, 281-288. ← NEW!
    5. Nishimura, Y., Tamura, Y., & Hara, K. (2017). How do Japanese EFL learners elaborate sentences complexly in L2 writing? Focusing on clause types. ARELE: Annual Review of English Language Education in Japan, 28, 209-224. doi:10.20581/arele.28.0_209 [Link]
    6. Tamura, Y., & Nishimura, Y. (2016). L2 word processing of singular- and plural-dominant nouns in English. Journal of the Japan Society for Speech Sciences, 17, 17-37.
    7. Nishimura, Y., & Fukuta, J. (2015). Processing efficiency of L2 collocation in sentence comprehension: From a self-paced reading task for Japanese EFL learners. LET Journal of Central Japan, 26, 63-74. doi:10.20656/letcj.26.0_63 [Link]

    学術論文(査読なし)
    1. Nishimura, Y. (2016). The choice of syntactic complexity measures in L2 writing: Perspectives on construct validity. Reports of 2015 Fundamentals of Foreign Language Research Special Interest Group (SIG), 1-12.

    口頭発表(1st)
    1. 西村嘉人(2018, forthcoming)
    2. 西村嘉人(2018, forthcoming)
    3. 西村嘉人(2018, accepted for presentation)「エッセイライティングの自動評定と統語的複雑さの関係―ネットワーク分析による検討―」外国語教育メディア学会第58回全国研究大会. 千里ライフサイエンスセンター. ← NEW!
    4. 西村嘉人(2017)「外国語教育研究における構成概念の測定モデル:反映モデルと形成モデル」全国英語教育学会第43回島根研究大会. 島根大学. 
    5. 西村嘉人・川口勇作・姚成陽・阿部大輔(2017)「L2ライティングにおける複雑性と流暢性の関係」外国語教育メディア学会第57回全国研究大会. 名古屋学院大学. 
    6. 西村嘉人(2016)「統語的に複雑な文を書く能力とは何か:実証データに基づいた構成概念の批判的考察」全国英語教育学会第42回埼玉研究大会. 獨協大学. 
    7. 西村嘉人・福田純也・田村祐(2016)「第二言語のスピーキングパフォーマンスにおけるネットワーク構造とダイナミクス:学習者コーパスを用いて」外国語教育メディア学会第56回全国研究大会. 早稲田大学.
    8. 西村嘉人・田村祐・原和久(2016)「L2ライティングにおける統語的複雑さはタスクによる認知的負荷の影響を受けるか:節の種類に注目して」第46回中部地区英語教育学会. 鈴鹿医療科学大学.
    9. 西村嘉人(2016)「統語的に複雑なエッセイの書き手は高熟達度か:平滑化スプラインを援用した検討」外国語教育メディア学会中部支部第87回研究大会. 金城学院大学. 
    10. 西村嘉人(2016)「L2ライティングにおける統語的複雑さ指標の選択:構成概念妥当性の観点から」外国語教育メディア学会中部支部外国語教育基礎研究部会第3回年次例会. 名古屋学院大学.
    11. 西村嘉人(2015)「ライティングを対象とした統語的複雑さ指標における妥当性の検証」第45回中部地区英語教育学会. 英語教育研究法セミナー. 和歌山大学.
    12. 西村嘉人・福田純也(2014)「文中におけるコロケーションの処理に対するL1の影響:EFL学習者に対する自己ペース読みによる検討」外国語教育メディア学会中部支部第84回支部研究大会. 静岡大学.

    口頭発表(2nd以降)
    1. Sugiura, M., Nishimura, Y., & Abe, D. (accepted for presentation). Distinguishing L1 and L2 using three linguistic aspects: A logistic regression model study. Paper presented at the Fourth Asia Pacific Corpus Linguistics Conference (APCLC 2018). Sunport Hall Takamatsu, Kagawa, Japan.  ← NEW!
    2. 杉浦正利・西村嘉人・阿部大輔(accepted for presentation)「ライティング自動評価システムを活用したライティング指導―縦断的学習者コーパスの構築に向けて―」外国語教育メディア学会第58回全国研究大会.. 千里ライフサイエンスセンター. ← NEW!
    3. Sugiura, M., Abe, D., & Nishimura, Y. (2018). Linguistic traces of L2 processing difficulties found in learner corpus data: A quest for discriminant function between L1 and L2. Paper presented at the 39th annual conference of the International Computer Archives of Modern and Medieval English (ICAME39). University of Tampere, Finland.
    4. 福田純也・西村嘉人・田村祐(2018)「認知的アプローチに基づくパフォーマンス指標解釈の問題点―存在論的アプローチによる批判的検討―」外国語教育メディア学会中部支部外国語教育基礎研究部会第5回年次例会. 愛知学院大学.
    5. Sugiura, M., Abe, D., & Nishimura, Y. (2017). What kind of linguistic features distinguish second language learners' texts from those of native speakers, and why? Paper presentation at 4th Learner Corpus Research Conference (LCR 2017). Bolzano/Bozen, Italy. 
    6. Morita, M., Tamura, Y., & Nishimura, Y. (2017). Processing of inflected words by Japanese learners of English: A masked priming study. Paper presented at the 19th Annual International Conference of the Japanese Society for Language Sciences (JSLS2017). Kyoto Women's University.
    7. 杉浦正利・阿部大輔・西村嘉人(2017)「英文エッセイライティングにおけるトピックの影響:縦断的学習者コーパスの分析」大学英語教育学会第33回中部支部研究大会. 名城大学.
    8. 杉浦正利・阿部大輔・西村嘉人(2017)「縦断的学習者コーパス構築の試み」外国語教育メディア学会中部支部第89回研究大会. 名城大学.
    9. Tamura, Y., Morita, M., & Nishimura, Y. (2016). Word frequency dominance and L2 word recognition. Paper presented at Vocab@Tokyo. Meiji Gakuin University.
    10. Tamura, Y., Fukuta, J., Nishimura, Y., Harada, Y., Hara, K., & Kato, D. (2015). Conceptual plurality in Japanese EFL learners' online sentence processing: A case of garden-path sentences with reciprocal verbs. Paper presented at the 41st Annual Conference of the Japan Society of English Language Education. Kumamoto Gakuen University.
    11. Tamura, Y., Fukuta, J., Nishimura, Y., & Kato, D. (2015). Coordinated NPs agree with singular or plural in there sentences? A comparison between NS and NNS in a self-paced reading task. Poster presented at the 17th Annual International Conference of the Japanese Society for Language Sciences (JSLS2015). Beppu International Convention Center.
    12. Tamura, Y., & Nishimura, Y. (2015). Word frequency effects and plurality in L2 word recognition: A preliminary study. Paper presented at the 45th Annual Conference of the Chubu English Language Education Society. Wakayama University.
    13. Tamura, Y., Fukuta, J., Nishimura, Y., & Kusanagi, K. (2014). Japanese EFL learners' implicit/explicit knowledge of subject-verb agreement in existential there: A self-paced reading study. Paper presented at the 20th Japan-British Association for English Teaching Conferences. Housei University.

    シンポジウム
    1. 西村嘉人(2017)「第二言語習得研究における観測変数としてのCAFと潜在変数としてのCAF」早稲田大学CCDL研究所第2回シンポジウム「英語学習者のパフォーマンスを捉える」早稲田大学. [Link]
    2. 石井雄隆・石井卓巳・川口勇作・阿部大輔・西村嘉人・草薙邦広(2015)「WritingMaetriXを用いた言語資源の構築と英語学習者と英語学習者のライティング・プロセスの解明」外国語教育メディア学会第55回全国研究大会. 千里ライフサイエンスセンター.

    勉強会等での発表
    1. 西村嘉人(2018)「入門者講習」 Nagoya. R #19. 名古屋大学全学教育棟. 2018年07月14日
    2. 西村嘉人(2017)「初心者が関数作ってみた」 Nagoya. R #18. 名古屋大学全学教育棟. 2017年10月28日
    3. 西村嘉人(2017)「入門者講習」 Nagoya. R #18. 名古屋大学全学教育棟. 2017年10月28日
    4. 西村嘉人(2016)「入門者講習」 Nagoya. R #17. 名古屋大学大学院国際開発研究科. 2016年12月10日
    5. 西村嘉人(2016)「入門者講習」 Nagoya. R #16. 名古屋大学大学院国際開発研究科. 2016年7月23

    社会活動
全国語学教育学会研究誌(JALT Journal)日本語Proofread(2017年)
外国語教育メディア学会中部支部外国語教育基礎研究部会 部会長(2017年-
外国語教育メディア学会中部支部外国語教育基礎研究部会 運営委員(2015年-


    獲得研究費
    1. 日本学術振興会 特別研究員奨励費【代表】(2,100千円, 研究課題番号:18J15317)「英文ライティングにおける「複雑さ・正確さ・流暢さ」の発達に関する縦断的研究」2018年4月 - 2020年3月. [Link← NEW!

    受賞歴
日本学生支援機構大学院第一種奨学金 特に優れた業績による返還免除(半額)認定(2016年)